ゲーム開発
開発中のゲーム(趣味)
2019.02.24 現在
  • ジャンル:サンドボックス&ローグライクゲーム
  • 1人用(現時点)
(明確な遊びのルールがある「ゲーム」とまでは行かないかもしれない)
<ダンジョン探索>
  • ダンジョンに突入し、欲しいアイテムを探しながら、ゴールを目指す
  • 不思議のダンジョン(ローグライク)(を参考にした?)形式
  • フロアごとに、入口から出口へ向かう
  • 一定の階層ごとに休憩、もしくはダンジョンクリアとして脱出できる
  • 道中の地形はランダム生成される
  • 地形は平面二次元、もしくは層状のフロアで上下移動できる
  • 主人公には様々な種類のアクションがある
  • アクションは主にフィールド上のオブジェクトに対して行われる
  • 何かアクションを起こすごとに1ターンずつ時間が経過していく
  • 地形を採掘して素材入手・地形を変形させることができる
  • 主人公にはライフゲージがある
  • ライフゲージ消耗に関わるおじゃまキャラが出てくる
  • 主人公は攻撃ができない。避けながら・地形を利用しながらゴールを目指して進む
  • 召喚物(キャラクター、または設置物)を出して、おじゃまキャラに対抗することができる
  • 召喚物は設定されたAIに従って動く(学習させたりAIを編集可能にさせる予定)
<クラフト・ハウジング>
  • ダンジョンから持ち帰った材料を使って、アイテムを製作して、自分の基地を飾り付ける
  • 作れるアイテム: 道具(持ち歩き用)、家具(設置用)、消費アイテム
  • 基地の内装・外装を変えられる
  • 基地は壁で囲わなくてもいい。決められた範囲内の土地を自由に装飾できる
  • 一定条件ごとに基地の範囲が拡張、飾り付けのバリエーションも増えていく
  • 作物育成もできる。時間経過で育つ、アイテムが採れる
<☆ゲーム内アイテムのクリエーション>
  • ユーザーが自分で用意した画像を読み込んで、ゲーム内のオブジェクトに模様として貼り付けたり、
    設置用アイテムなどをポリゴン作成して読み込み、設置できる。
  • 設置用アイテムに「カラクリ」を組み立てて、動かすことができる
実行環境:
  • <PC>Windows(7, 8, 8.1, 10), macOS(Mojave)
開発環境:
言語:
  • C++
使用ライブラリ:
  • C++ STL
  • グラフィック: OpenGL(FreeGLUT, GLEW)
  • 画像読み込み: OpenCV
  • モデル読み込み: FBX SDK
  • 物理演算: Bullet Physics
  • (既存のゲームエンジンは使わない)